多言語サポートセンターの閉鎖の通知– 137

多言語サポートセンターの閉鎖の通知– 137
2011/04/28
2011年4月27日14:00、東北地方太平洋沖縄多言語支援センター災害情報通訳No.137多言語支援センター閉鎖のお知らせ東北地方太平洋沖多言語支援センターは、3月11日からの地震に関する情報を報告します。 、情報提供事業およびホットラインサービス事業を4月28日に終了します。ウェブページはしばらく続きますが、コンテンツは更新されません。また、多言語対応の電話相談や情報提供については、災害情報第135号、第136号で紹介した機関もサービスを提供していますので、引き続きご利用ください。多言語サポートセンターへのご支援、ありがとうございました! 【インフォメーションオフィス】東北【続きを読む】

多言語メディアについて– 136
2011/04/28
2011年4月27日14:00、太平洋沖縄地震多言語サポートセンター災害情報翻訳第136号。多言語メディアについて、地震災害、核災害補償、生活情報を母国語で学ぶことができるメディアやウェブサイトをご紹介します。 。また、当センターのウェブサイトを開くと、さまざまな情報を多言語で提供しているウェブサイトを見ることができます。以下は中国語で報道されたメディア情報です。•日本大使館のウェブサイト。 NHK WORLD http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/chinese/top/index.html [続きを読む]

複数の言語に対応するウィンドウ– 135
2011/04/28
2011年4月27日14:00、太平洋沖縄地震多言語サポートセンター災害情報翻訳No.135。全国の県町村の交流会に多言語対応窓口があります。一種のコンサルティング。お問い合わせ内容により、曜日と時間帯が分かれて多言語対応になっているところもありますので、事前に下記ホームページの最寄りのお問い合わせ窓口をご確認ください。 ※以下のリンクは、地方自治体国際化協会のホームページ(http://www.clair.or.jp/)から抜粋したものです。日本語(げんご)的(べつ)おしゃべり(そうだん)外(まどぐち)一[続きを読む]

被災地に戻った犠牲者へ– 134
2011/04/28
2011年4月27日14:00東北地域太平洋振動地震多言語対応センター災害情報翻訳No.134被災地に帰国する被害者の皆様へ地震被災地に帰国するすべての被害者は、以下の点にご注意ください。○ご自身でご確認ください彼の家のドアに「緊急リスク決定」(No.125参照)のメモが貼ってあり、指示に従ってください。 ○水・電気・ガスについて水・電気・ガス料金の減額・延期には特別措置があります。詳しくは現地企業・市役所にご確認ください。・電気の使用家の状態を確認し、電源のメインスイッチを切り、電源を差し込んでください[続きを読む]

被災地からの学生の入場について– 133
2011/04/26
2011年4月25日11:00東北地方太平洋振動地震多言語支援センター災害情報翻訳No.133被災地からの学生の受け入れについて兵庫県の22の大学と2つの中学校がこの地震に受け入れられます被災地の大学や中学校で勉強できなかった方。授業料は無料です。 ○対象:被災地の大学院・大学・中学校の地震で通学できず、短期間での再開が見込めない学生。 (留学生を含む)※大学院生を除く。 ○期間:2011年9月末まで、必要に応じて最長の半年まで延長する場合があります[続きを読む]

ボランティア活動について– 132
2011/04/26
2011年4月25日11:00東北地方太平洋沖縄地震多言語サポートセンター災害情報翻訳No.132ボランティア活動についてこれからの休日には、ボランティア活動に参加したいという人が出てくるでしょう。 4月20日、宮城県災害ボランティアセンターは、連休中のボランティア活動についてお知らせしました。センターのウェブサイトのNo.103「被災地ボランティアへの注意事項」にもご確認ください。 ⇒ボランティアのピークを避ける被災地では、朝夕に「ボランティアの混雑」が発生しています。自家用車に乗り込むのではなく、時間を考慮し、バスと車を一緒に乗せてください。 ️参加履歴[続きを読む]

「国立庇護情報システム」の登録に関するお知らせ– 131
2011/04/26
2011年4月25日11時、東北地方太平洋振動地震多言語支援センター災害情報翻訳第131号「全国難民情報システム」登録に関するお知らせ内務省は、難民の実情を把握するために「全国避難システム」を設置した。情報システム”。庇護希望者がシステムに登録した後、庇護前の自治体は以下の情報を庇​​護希望者に送信します。 ○お悔やみなどの各種助成金に関するお知らせ○国民健康保険証の再発行○保険金の減額、免除、免除、延長等に関するお知らせ。この制度は被災地以外の自治体でも登録できます。受付カウンター発行の「アサイラムレター」をご参照ください【続きを読む】

原子力発電所での事故の犠牲者のために– 130
2011/04/26
2011年4月25日11:00東北地方太平洋沖縄地震多言語支援センター災害情報通訳No.130原子力発電所事故の犠牲者のために核エネルギーに苦しむ人々が合理的な補償を受けるために、文部科学省は過去の災害に言及している補償のために提出される資料は、将来補償のために必要となる可能性のある文書を指定します。破損の証拠として、以下の資料の保存を参照し、注意してください。 ○怪我・関連疾患、医療証明書、治療手形等○財産・物品・建物・日用品等の損傷に係る資料○汚染地域からの避難時の交通費の詳細等○放射線の影響による検査【読むもっと]

自分でできること– 129
2011/04/23
2011年4月22日11:00東北地域太平洋ラッシュ地震多言語サポートセンター災害情報翻訳No.129できること災害後は、普段の行動に合わない言葉や行動が変わったり、心身の障害が発生したりすることがよくあります。この種の落ち着きのなさや気分の揺れは誰にでも起こり得、キャラクターの強さや脆弱性とは何の関係もありません。それは人間が持っていなければならないものです。重要なことは、自分を間違えず、心配することなく周囲からの助けを受け入れることです。ここにあなたがあなた自身のためにできる6つのポイントがあります。 1自分の気持ちや考えを話します。不安や怒りを頭に入れず、信頼できる人と話してみてください[続きを読む]

農畜産物・魚類の取込・出荷制限について(続き報告)-128
2011/04/23
2011年4月22日18:00東北地方太平洋振動地震多言語サポートセンター災害情報翻訳No.128農産物・畜産物・魚類の取込・出荷制限について(続き)4月22日(金)18:00発表内容は、第110号で報告されているように摂取・出荷が制限されている農畜産物と、新たに追加された農産物・魚類の出荷が制限されている。放射性物質が過剰な野菜や魚は、輸送や流通が禁止されています。生産中止となった野菜・魚は以下のとおりです。 (4月22日18:00に厚生省・水産庁発表)生産地指示日品種福島県以下の都市部を除く。北方市【続きを読む】