Archive for the Category: 日本語

原子力発電所の事故で損害を受けた方へ – 130

2011年4月 25日11:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳 130 報 原子力発電所の事故で損害を受けた方へ  原子力で損害を受けた方が適切な補償を受けられるよう、文部科学省では過去の災害時補償の際に必要となった補償時に添付が必要な書類を参考に、今後補償の際、添付が必要になると見込まれる書類をあきらかにしました。以下を参考に、被害を証明する書類を保存しておいてください。  ○体のケガや病気に関する診断書、治療 [Read More]

三菱商事緊急支援奨学金について – 124

2011年4月19日12:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳124報 三菱商事緊急支援奨学金について 財団法人日本国際教育支援協会では、三菱商事株式会社の支援により、「三菱商事緊急支援奨学金」の受給者を募集しています。 ○対象者(以下のすべてに当てはまる人) 1 2011年4月現在、日本国内の大学学部、大学院修士課程、短期大学に在籍する正規学生 2 家計を支える人が、本震災により失業・破産・事故・病気・行方不明・ [Read More]

住宅の応急修理制度について – 122

2011年4月18日16:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳 122報 住宅の応急修理制度について 東北地方太平洋沖地震で被害を受けた住宅を応急修理する場合、その費用の一部の支援が受けられます。自分で修理するお金がない世帯が対象です。1世帯あたり52万円が上限です。応急修理ができるのは、居室、台所、トイレなど日常生活に必要不可欠な部分のみです。 支援を受けるには、住居の被害の程度、所得など、いくつかの条件を満たす [Read More]

被災者生活再建支援金について – 120

2011年4月18日16:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳 120報 被災者生活再建支援金について 被災者生活再建支援法に基づき、居住する住宅に被害を受けた世帯に支援金が支給されます。 ○支給額は、下記の二つの支援金の合計額になります。 (単身世帯(世帯人数が1人)の場合は、各欄の金額の3/4の額になります。) 1 基礎支援金(住宅の被害程度に応じて支給) 住宅の被害程度 全壊等 大規模半壊 支給額 100万円 [Read More]

留学生の再来日費用支援 – 118

2011年4月 15日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳118報 留学生の再来日費用支援 震災後に一時帰国した外国人留学生がたくさんいます。そこで政府は、再来日のための航空券を支給することにしました。 航空券を支給するのは、国費留学生のうち、震災で一時帰国をしなくてはならなくなった人です。 また、私費留学生については、日本学生支援機構が学習奨励費の追加募集をします。震災で経済的に困っている成績優秀者が対象で [Read More]

医療費減免(第8報の続報) – 117

2011年4月15日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳117報 医療費減免(第8報の続報) 厚生労働省は、これまで被害を受けた人たちの病院で支払う医療費を免除しています。 被災して保険証がない人も受診できます。 対象となるのは以下の人たちです。 災害救助法の対象となっている被災地域の住民で、 1.住宅が全壊、または半壊した人 2.世帯の主な働き手が死亡したり、重傷をおった人 3.世帯の主な働き手が行方不明の [Read More]

仮払補償金の支払いについて – 116

2011年4月15日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳116報 仮払補償金の支払いについて 4月15日、東京電力は、被災された人の当面の生活に必要な資金として、「仮払い補償金」を支払うことを発表しました。 対象は避難・屋内退避の地域に住んでいた人で、一世帯あたり100万円、単身世帯には75万円が支払われます。 避難・屋内退避の地域を含む市町村は、南相馬市、飯館村、浪江町、双葉町、大熊町、富岡町、楢葉町、広野 [Read More]

貸付制度を利用する際に – 111

2011年4月11日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳111報 貸付制度を利用する際に 第69、81、97、105報で貸付制度についてお知らせしましたが、貸付制度を利用する際には下記のことに気を付けましょう。 ・義援金・見舞金の支給や失業手当の給付など、貸付ではなく支給されるお金があります。貸付制度を 利用する前に、自分が給付対象かどうか、まず周りにいる市区町村職員もしくは避難所の責任者に 相談してみてくだ [Read More]

義援金の支給について – 108

2011年4月11日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳108報 義援金の支給について 4月8日(金)、政府は、今回の災害の際に全国から集まった寄付などの義援金約1283億円の第一次配分の基準額を決定しました。 外国人や旅行者も支給対象に加え、余震による被災者にも配分する方針とのことです。 この配分基準を参考に、今後各都道府県が配分対象者と金額を正式に決め、市区町村を通じて被災者に支給します。支給時期など詳し [Read More]

母子寡婦福祉資金貸付について – 105

2011年4月8日12:00   東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳105報 母子寡婦福祉資金貸付について 母子家庭の母や父母のいない未成年者(20歳未満)は、住宅の補修・移転、医療介護、修学などの分野でお金が必要となった際に、無利子または低利で資金の貸付を受けることができます。 ○貸付対象者 (1)母子家庭の母(配偶者のいない女子で20歳未満の児童を扶養している人) (2) 寡婦(かつて母子家庭の母だった人) (3) [Read More]