Archive for the Category: 日本語

応急危険度判定 – 125

2011年4月20日16:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳125報 応急危険度判定 応急危険度判定とは、大地震により被災した建物を調査し、その危険性を判定するものです。建物の余震による倒壊の危険性などを判定し、人命にかかわる二次的災害を防止するために行います。判定が済めば、赤・黄・緑のいずれかの紙が建物の見やすい場所に貼られます。 それぞれの色の意味は、以下の通りです。 ○赤:危険 危ないので入ってはいけません [Read More]

住宅の応急修理制度について – 122

2011年4月18日16:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳 122報 住宅の応急修理制度について 東北地方太平洋沖地震で被害を受けた住宅を応急修理する場合、その費用の一部の支援が受けられます。自分で修理するお金がない世帯が対象です。1世帯あたり52万円が上限です。応急修理ができるのは、居室、台所、トイレなど日常生活に必要不可欠な部分のみです。 支援を受けるには、住居の被害の程度、所得など、いくつかの条件を満たす [Read More]

郵便局に転居届を出しましょう – 109

2011年4月11日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳109報 郵便局に転居届を出しましょう 避難している人は新しい住所が決まったら、郵便局に転居届を出しましょう。 転居届を出すと、前の住所あてに届いた手紙が1年間無料で新しい住所に転送されます。日本国内であれば避難先がどこであっても(学校、教会などでも)届けてくれます。 今後義援金の支払いや、り災証明書などの手続きに関する書類を各市区町村から送付しますので [Read More]

弁護士による電話相談 – 89

2011年3月30日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳89報 弁護士による電話相談 在留資格、仕事、賃金、家のローンや家賃のことなどについて、弁護士に電話で相談ができます。相談料は無料ですが、電話代は有料です。2回線で弁護士2名が対応しますので、話し中のときはかけなおしてください。 期間:2011年3月29日(火)から5月27日(金)までの平日 受付時間:午前10時から正午まで(2時間) 電話番号:03-3 [Read More]

仮設住宅の入居について – 82

2011年3月28日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳82報 仮設住宅の入居について 仮設住宅の受付が始まっている地域があります。仮設住宅に入ることができるのは、住む場所がなくなり、資金がなくて新たに住宅を借りたり、建てたりすることができない人です。申し込みは、避難所や各自治体の窓口です。必要なものは、①申請用紙、②本人確認ができる書類(運転免許証、保険証など)、③罹災証明書です。罹災証明書とは、各自治体が [Read More]

公営住宅に関する入居情報について – 62

2011年3月22日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳第62報 公営住宅に関する入居情報について 被災者や福島原子力発電所の事故に伴う避難指示を受けた人が、県外の入居可能な、公営住宅、都市再生機構(UR)住宅などについて、問い合わせることができる情報センターが開設されました。 内容:   県外の公営住宅等に入居したい人が情報センターに電話すると、受け入 れが可能な地方自治体の担当に電話を転送してもらえます。 [Read More]

全国の避難用住宅について – 55

2011年3月 20日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳第55報 全国の避難用住宅について 被災地では、仮設住宅の建設が始まっています。また、日本全国で、被災地の皆さんを受け入れるための準備が進められています。  下記の自治体では被災者向けの避難用住宅を用意しています。入居期間は数ヶ月から1年程度です。家賃は無料のところが多いです。また、福島の原発事故に伴う避難地区に住む人のみを対象にしているところもありま [Read More]

宿泊場所(蔵王温泉:有料)のお知らせ – 42

2011年 3月17日15:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター 災害情報 第42報 宿泊場所(蔵王温泉:有料)のお知らせ 蔵王温泉(山形県山形市)では、被災者や避難者のみなさんの宿泊を提供しています。 3月17日現在で、約1200人の宿泊が可能です。 山形駅から蔵王温泉への定期バスかマイカーでの利用になります。 燃料の影響や宿泊者の人数など、今後、対応が変わることが予想されます。 連絡先は  023-694-9328(9時~2 [Read More]

避難所の情報についてNo.1―山形県 – 41

2011年 3月17日15:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター 災害情報 翻訳第41報 避難所の情報についてNo.1―山形県 被災地の周辺の県では、被災された方のために避難所を設置し、受け入れを始めています。 山形県では、下記のところで、避難所の情報を聞くことができます。 被災地から山形県へは、バスを使って移動することができます。 ●山形市国際交流協会 開館時間 9:30~18:00 開館日  火曜日から日曜日 アクセス JR [Read More]

宿泊場所(蔵王温泉:有料)のお知らせ – 36

2011年 3月16日15:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター 災害情報 翻訳第36報 宿泊場所(蔵王温泉:有料)のお知らせ 蔵王温泉(山形県山形市)では、被災者や避難者のみなさんの宿泊を提供しています。 3月16日現在で、約1200人の宿泊が可能です。 山形駅から蔵王温泉への定期バスかマイカーでの利用になります。 燃料の影響や宿泊者の人数など、今後も、対応が変わることが予想されます。 連絡先は 090-3646-5005 ま [Read More]