Archive for the Category: 日本語

非常時の子育て 「心のケア」 – 95

2011年4月2日   東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳95報 非常時の子育て 「心のケア」 大人と同じように子どもも不安を感じています。一緒に気持ちを分かち合い安心させてあげてください。 ○甘え・わがまま・おもらし等、急に幼くなったような様子がみられることがあります。叱ったり突き放したりせず、あせらず温かく対応しましょう。 ○抱きしめたり、優しい言葉をかけたり、一緒に遊んだりすることで、子どもは安心します。 ○人の [Read More]

外国語による電話相談 – 94

22011年4月2日17:00  東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳94報 外国語による電話相談 被災地や、その近くの県の国際交流協会などで、外国語による電話相談ができるようになりました。言語によって、相談できる曜日と時間が異なります。曜日や時間は変更になる場合があります。 <福島県国際交流協会> Fukushima International Association http://www.worldvillage.o [Read More]

非常時の子育て 「子どもを見守ろう」 – 93

2011年4月1日17:00   東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳93報 非常時の子育て 「子どもを見守ろう」 強い緊張感の中で、幼児を持つ保護者は、これ以上ないほど頑張って、無理をしています。赤ちゃんが泣く、子どもが騒ぐのは自然なことです。みんなで子どもを見守ってあげてください。 ○非常時はストレスが多いので、イライラするのは自然なことです。イライラする自分を責めて、ストレスをためないようにしましょう。 ○幼児は恐 [Read More]

被災地でのボランティア活動 – 90

2011年3月30日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳90報 被災地でのボランティア活動 NGOピースボート(東京新宿区)が被災地で活動するボランティアの派遣を始めました。作業内容は、炊き出し、避難所の手伝い、土砂やがれきの片付けなどです。活動条件は、①最短1週間、現地で活動できる人、②20歳以上の男女、③事前に、ピースボートが行う説明会とオリエンテーションに参加できる人、③交通費、食品、衣服、寝泊まりする [Read More]

弁護士による電話相談 – 89

2011年3月30日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳89報 弁護士による電話相談 在留資格、仕事、賃金、家のローンや家賃のことなどについて、弁護士に電話で相談ができます。相談料は無料ですが、電話代は有料です。2回線で弁護士2名が対応しますので、話し中のときはかけなおしてください。 期間:2011年3月29日(火)から5月27日(金)までの平日 受付時間:午前10時から正午まで(2時間) 電話番号:03-3 [Read More]

雇用相談について – 87

2011年3月29日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳87報 雇用相談について 失業中の人、仕事を探している人はハローワークに行きましょう。 東京、大阪、名古屋では、「外国人雇用サービスセンター」でも無料で仕事の相談ができます。外国人雇用サービスセンターで通訳サービスが必要な人は、行く前に電話で確認してください。 (問い合わせ先) 東京外国人雇用サービスセンター  電話:03-3588-8639 URL: [Read More]

日本に住む外国人による被災地への支援活動が始まっています – 86

2011年 3月29日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター 災害情報 翻訳第86報 日本に住む外国人による被災地への支援活動が始まっています 全国各地で、日本に住む外国人が被災地を応援しています。 三重県鈴鹿市(すずかし)のNPO法人愛伝舎(あいでんしゃ)には、中南米系の外国人から、数多くの救援物資が届けられています。 富山県の市民団体「日伯交流友の会(にっぱくこうりゅうとものかい)」には、南米出身者から、水や食料のほか、 [Read More]

運転免許証期限の延長と再発行について – 84

2011年3月28日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳84報 運転免許証期限の延長と再発行について 被災地域(*)に住んでいる人で、3月11日以降に運転免許証の有効期限が切れる人は、8月31日まで有効期限が延長されます。必ず、2011年8月31日までに更新手続きを行ってください。 *被災地域:岩手県と宮城県はすべての市町村、青森県・福島県・茨城県・千葉県・新潟県・長野県は一部の市町村。 被災して運転免許証を [Read More]

あしなが育英会奨学金について – 83

2011年3月28日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳83報 あしなが育英会奨学金について あしなが育英会が、被災学生のために「特別奨学一時金」を給付しています。 ◇奨学金の対象者    東日本大地震・津波で保護者が死亡、または重い障害を負った人の子どもで、    高校、大学、専門学校・各種学校、大学院に在学中、または4月から進学予定の生徒や学生 ◇一時金の金額 高校:30万円 大学、専門学校・各種学校、大 [Read More]

被災地域での銀行からの引出について – 78

2011年3月27日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳第78報 被災地域での銀行からの引出について  銀行に預金がある被災者で、通帳や印鑑、キャッシュカードなどを失くした人は、預金者の本人確認ができる書類を持って行けば、お金を引き出すことができます。預金残高の範囲内で、1日1口座当たり10万円まで引き出せます。(ゆうちょ銀行および郵便局は、20万円まで)。  手続きの詳細は各銀行にお問い合わせください。   [Read More]