Archive for the Category: 日本語

一酸化炭素中毒に注意してください。 – 77

2011年 3月26日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター 災害情報 翻訳第77報 一酸化炭素中毒に注意してください。 被災地で電気が復旧していない避難所や、関東などの計画停電の地域では、発電機で電気を起こしているところがあります。 発電機は屋外に置いてあると思いますが、避難所の出入り口の近くにあるときや、風向きなどで、一酸化炭素中毒になることがあります。 近くに発電機があって、頭が痛くなったり、気持ち悪くなったりするとき [Read More]

デマやうわさに注意しましょう – 73

2011年 3月25日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター 災害情報 翻訳第73報 デマやうわさに注意しましょう。 ・全国で計画停電をすることになった。 ・食料品やガソリンなどの支援物資の輸送が止まる。 ・支援物資を盗むなど、悪い行為がたくさん起きている。 ・放射能に汚染されないために、うがい薬を飲む。 これらは、すべて間違っています。 世界の多くの国から、被災地の人たちの災害に立ち向かう冷静さや、秩序ある姿に称賛の声が届 [Read More]

赤ちゃんを持つお母さんへ – 64

2011年3月22日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳64報 赤ちゃんを持つお母さんへ  赤ちゃんを持つお母さんは、地震の影響で大きな不安とストレスを抱えていると思います。  産後間もないお母さんはプライベートな場所を見つけて、短い時間であっても赤ちゃんにゆっくりとお乳をあげてください。ストレスのために、お乳が一時的に出なくなることがあっても、 おっぱいを吸わせ続けることで再び出てくることがよくあります。 [Read More]

子どもに声をかけてあげてください – 61

2011年 3月21日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター 災害情報 翻訳第61報 子どもに声をかけてあげてください。 被災した子どもは、とても怖い体験をして、不安な思いをしています。 子どもたちには、「もう大丈夫」「みんなが守ってあげるよ」と言葉にして伝えてください。そして子どもをひとりにしないで、大人に見守られているという安心感を与えてください。 「もう大丈夫」と、繰り返し言葉に出すことで、子どもたちも安心することがで [Read More]

妊娠中の人と赤ちゃんのいる人へ – 60

2011年3月21日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳第60報 妊娠中の人と赤ちゃんのいる人へ 赤ちゃんがおなかにいる人は、とても心配だと思います。でも、おなかの中で赤ちゃんが元気に動いていれば大丈夫です。もし、動きが感じられない、動きが少なくなった、おなかが張って痛みがある、等と思ったら病院に行きましょう。 妊娠中は、体をあたためて、無理せずに疲れたら横になるようにしましょう。 ●心配なことがあったら電話 [Read More]

正しい情報を得るようにしましょう – 57

2011年3月 20日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳第57報 正しい情報を得るようにしましょう チェーンメールやツイッターを使ったデマやうわさがたくさん流れています。 ・信頼できる発信者からの情報を伝えるようにしましょう。 ・必ず、誰が発信している情報なのか、確認しましょう。 ・支援する人は、不確かな情報を流すことをしないよう注意しましょう。 正しい情報を得るようにしましょう_PDF(日本語、ポルトガル [Read More]

被災地でのボランティア活動について – 56

2011年3月 20日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳第56報 被災地でのボランティア活動について  「被災地のみなさんのお手伝いをしたい」と考えている人がいると思います。でも今は行方不明の人の救援活動や、道路や建物などの復旧作業が行われており、ボランティアの受け入れ態勢ができていません。  食料やガソリンなどが不足しているので、個人で被災地に行くと現地を混乱させて、迷惑になることがあるのでやめましょう。 [Read More]

高齢者への配慮について – 52

2011年 3月19日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター 災害情報 翻訳第52報 高齢者への配慮について 避難所の中は狭く、通路をつくるスペースがないかもしれません。 高齢者への気遣いから、「動かないで」、「私たちがしますから、座って休んでいてください」と、親切に声をかけているかもしれません。 しかし、高齢者は「動きにくい」状況で「動かないでいる」と、「動けなく」なることがあります。 このため、避難所では、なるべく体を動 [Read More]

避難所を出入りする人や、ボランティアのみなさんへ – 51

2011年 3月19日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター 災害情報 翻訳第51報 避難所を出入りする人や、ボランティアのみなさんへ 避難所の生活では、寝起きするスペースも狭く、新鮮な空気を取り入れるのもなかなか大変です。また、手を洗う水、うがいする水、マスクも足りず、清潔さを保つのも、まだまだ大変な状況です。 こんなとき、もっとも大切なのは、避難所の外から、ウィルスやバイ菌を持ち込まないことです。インフルエンザなどの感染 [Read More]

みずほ銀行のATMは21日まで使えません – 47

2011年3月19日15:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳第47報 みずほ銀行のATMは21日まで使えません みずほ銀行は、3月19日から21日までの間、すべてのATMがとまります。 みずほ銀行に口座がある人で、お金を引き出したい人は、みずほ銀行の本店または支店(いわき支店、市川妙典支店、すべての出張所を除く)へ行ってください。窓口で、10万円までお金を引き出せます。 営業時間:午前9時~午後5時 必要なもの: [Read More]