Archive for the Category: 日本語

原子力発電所の事故で損害を受けた方へ – 130

2011年4月 25日11:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳 130 報 原子力発電所の事故で損害を受けた方へ  原子力で損害を受けた方が適切な補償を受けられるよう、文部科学省では過去の災害時補償の際に必要となった補償時に添付が必要な書類を参考に、今後補償の際、添付が必要になると見込まれる書類をあきらかにしました。以下を参考に、被害を証明する書類を保存しておいてください。  ○体のケガや病気に関する診断書、治療 [Read More]

農畜産物・魚類の摂取・出荷制限について(続報)- 128

2011年4月22日 18:00  東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳128報 農畜産物・魚類の摂取・出荷制限について(続報) 第110報でお知らせした農畜産物の摂取・出荷制限と、新たに追加された農産物・魚類の出荷制限について、4月22日(金)18時時点の情報をお知らせします。 放射性物質の基準値を超えた野菜や魚類は、出荷を止めて流通しないように制限しています。   出荷を停止している野菜・魚類の一覧です。(4月22日 [Read More]

半径20キロ圏内の地域を「警戒区域」に – 127

2011年4月21日       東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳 127報 半径20キロ圏内の地域を「警戒区域」に   4月21日、政府は福島第一原子力発電所から半径20キロ圏内の避難指示が出されている地域を4月22日午前0時より、法的に立ち入り禁止を意味する「警戒区域」とすることを発表しました。違反した場合は、罰則が科されます。該当する地域は以下の通りです。  富岡町、双葉町、大熊町、浪江町の一部、川内村の一部、 [Read More]

福島第一原子力発電所 事故収束に向けた工程表発表 – 119

2011年4月18日17:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳119報 福島第一原子力発電所 事故収束に向けた工程表発表 東京電力は4月17日、福島第一原発事故の収束に向けた作業の工程表を発表しました。東京電力は、避難している人の帰宅の実現に向けて、以下の二つの目標を設定しました。 基本的には、原子炉および使用済燃料プールの安定的冷却状態の確立と放射性物質の放出量減少に取り組みます。 ○ステップ1 目標:放射線量が [Read More]

国際原子力事象評価尺度(INES)レベル7 – 113

2011年4月13日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳 113報 国際原子力事象評価尺度(INES)レベル7 4月12日、政府は福島第一原子力発電所の事故の暫定評価をレベル7としました。3月18日に発表されたレベル5より2段階あがりました。 ただし、これは放射線物質の量が最近突然増えたのではなく、当初からのデータを検討した結果の判断です。これにより直ちに避難区域が拡大されたということではありません。 レベル [Read More]

乳児による水道水の摂取制限について(その2) – 68

2011年3月24日16:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳68報 乳児による水道水の摂取制限について(その2) 千葉県は3月24日、県内の2つの浄水場の水道水から乳児向けの飲用基準の約2倍に当たる放射性ヨウ素131を検出したと発表しました。また、船橋(ふなばし)市、市川(いちかわ)市、鎌ヶ谷(かまがや)市、浦安(うらやす)市の全域および千葉(ちば)市、習志野(ならしの)市、松戸(まつど)市、市原(いちはら)市、 [Read More]

農畜産物の摂取・出荷制限について – 66

2011年3月22日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳66報 農畜産物の摂取・出荷制限について 福島第一原子力発電所事故の影響で、福島県で生産された農畜産物から国の暫定基準値を超える放射性物質が検出されました。政府は3月23日午前、該当する農畜産物について当分の間、関係事業者に出荷を差し控えることを求めました。また、住民等に摂取制限を呼びかけました。3月23日午前11時までに摂取制限や出荷制限が指示されてい [Read More]

乳児の水道水摂取制限について – 65

2011年3月23日16:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳65報 乳児の水道水摂取制限について 東京都は3月23日14時30分頃、都内の浄水場の水道水から乳児(1才未満の子ども)向けの飲用基準の約2倍に当たる放射性ヨウ素131を検出したと発表しました。 また、東京23区と武蔵野市、町田市、多摩市、稲城市、三鷹市の5市に居住する都民に対して、粉ミルクを水道水に溶かして使うなど、乳児に水道水を飲ませないよう要請しま [Read More]

農産物の出荷停止について – 58

2011年3月21日18:30 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳58報 農産物の出荷停止について 政府は21日18時現在、福島第1原発からの放射能漏れを受けて、福島、茨城、栃木、群馬の各県で生産されたホウレンソウとカキナ、福島県生産の原乳について、当分の間、出荷をひかえるように各県に指示しました。  枝野官房長官のコメント 「野菜を食べても、すぐに健康に被害はない」 農産物の出荷停止について_FDF(日本語、ポルトガ [Read More]

放射線量の基準値を超えた食品について – 53

2011年3月 19日17:15 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳第53報 放射線量の基準値を超えた食品について 3月19日に、茨城県内のほうれん草と福島県内の牛乳から、基準値を超える放射線量が検出されました。 ただし、今回発見された放射線量の値は、牛乳については、人が一日に摂取する平均的な量を1年間飲み続けても、CTスキャン一回程度の量です。ほうれん草については、1年間食べ続けても、CTスキャン一回の5分の1程度の [Read More]