Archive for the Category: 日本語

生活福祉資金貸付について – 97

2011年4月3日   東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳97報 生活福祉資金貸付について 被災世帯は、生活資金として10万円以内(死亡者や要介護者がいる場合などは上限20万円)の貸付を受けることができます。 ○据置期間: 1年以内は返済なし ○返還期限: 2年以内 ○貸付利子: 無利子 ○保証人: 不要 ○受付窓口:各市町村社会福祉協議会 ※岩手県社会福祉協議会は、3月22日(火)より実施 ※宮城県社会福祉協議会は、 [Read More]

布ナプキンの作り方 – 96

2011年4月2日17:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター 災害情報 翻訳第96報 布ナプキンの作り方 女性にとって生理用品は必需品です。物資が十分に行き届くまでの間、タオルハンカチや綿の下着、古着など吸水性のある布を使って、ナプキンを簡単に作ることができます。 ①ハンカチぐらいの大きさ(20~25センチ角)の布を用意します。 ②左右3分の1ずつ折ります。 ③下着の上にのせます。 ④水が使えない場合、たたみ方を逆にするときれい [Read More]

非常時の子育て 「心のケア」 – 95

2011年4月2日   東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳95報 非常時の子育て 「心のケア」 大人と同じように子どもも不安を感じています。一緒に気持ちを分かち合い安心させてあげてください。 ○甘え・わがまま・おもらし等、急に幼くなったような様子がみられることがあります。叱ったり突き放したりせず、あせらず温かく対応しましょう。 ○抱きしめたり、優しい言葉をかけたり、一緒に遊んだりすることで、子どもは安心します。 ○人の [Read More]

外国語による電話相談 – 94

22011年4月2日17:00  東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳94報 外国語による電話相談 被災地や、その近くの県の国際交流協会などで、外国語による電話相談ができるようになりました。言語によって、相談できる曜日と時間が異なります。曜日や時間は変更になる場合があります。 <福島県国際交流協会> Fukushima International Association http://www.worldvillage.o [Read More]

非常時の子育て 「子どもを見守ろう」 – 93

2011年4月1日17:00   東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳93報 非常時の子育て 「子どもを見守ろう」 強い緊張感の中で、幼児を持つ保護者は、これ以上ないほど頑張って、無理をしています。赤ちゃんが泣く、子どもが騒ぐのは自然なことです。みんなで子どもを見守ってあげてください。 ○非常時はストレスが多いので、イライラするのは自然なことです。イライラする自分を責めて、ストレスをためないようにしましょう。 ○幼児は恐 [Read More]

避難所で眠るために – 92

2011年4月1日17:00   東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳92報 避難所で眠るために 避難所での生活が長く、睡眠不足になる人もいると思います。そういうときは眠れる工夫をしてみましょう。 ○昼は日光を浴びて、体を動かすようにしましょう。ずっと室内にいると、血のめぐりが悪くなって、眠りにくくなることがあります。 ○体育館などの硬い床に布団を敷いているときは、横向きになり、座布団や枕があれば、抱えて寝ましょう。腰へ [Read More]

外国人留学生の再入国手続きについて – 91

2011年3月31日18:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳91報 外国人留学生の再入国手続きについて 法務省は、再入国許可を取らずに出国した外国人留学生について、在留資格認定証明書がなくても再入国できるよう、ビザの取得手続きを簡素化すると発表しました。通常、再入国許可を取らずに出国すると、在留資格を新たに取り直す必要があり、手続きには1か月以上かかりますが、今回、最短5日で手続きができるようになります。詳しくは [Read More]

被災地でのボランティア活動 – 90

2011年3月30日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳90報 被災地でのボランティア活動 NGOピースボート(東京新宿区)が被災地で活動するボランティアの派遣を始めました。作業内容は、炊き出し、避難所の手伝い、土砂やがれきの片付けなどです。活動条件は、①最短1週間、現地で活動できる人、②20歳以上の男女、③事前に、ピースボートが行う説明会とオリエンテーションに参加できる人、③交通費、食品、衣服、寝泊まりする [Read More]

弁護士による電話相談 – 89

2011年3月30日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳89報 弁護士による電話相談 在留資格、仕事、賃金、家のローンや家賃のことなどについて、弁護士に電話で相談ができます。相談料は無料ですが、電話代は有料です。2回線で弁護士2名が対応しますので、話し中のときはかけなおしてください。 期間:2011年3月29日(火)から5月27日(金)までの平日 受付時間:午前10時から正午まで(2時間) 電話番号:03-3 [Read More]

ビザの相談について – 88

2011年3月29日14:00 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳88報 ビザの相談について ビザの一般情報は、入国管理局内にある外国人在留総合インフォメーションセンターで、電話相談できます。申請代行など、専門的なことは行政書士に相談できます。行政書士は、ビザなど行政機関への申請業務に関する専門家です。各都道府県に行政書士会がありますので、そこで登録されている行政書士を探すことができます。最初の相談は無料にしているとこ [Read More]