避難所(ひなんじょ・にげるところ)の子(こ)どものためにできること – 46

2011年(ねん) 3月(がつ)17日(にち)15:00
東北(とうほく)地方(ちほう)太平洋(たいへいよう)沖(おき)地震(じしん)多言語(たげんご)支援(しえん)センター(せんたー) 災害(さいがい)情報(じょうほう) 翻訳(ほんやく)第(だい)42報(ほう)

避難所(ひなんじょ・にげるところ)の子(こ)どものためにできること

避難所(ひなんじょ・にげる ところ)にいる 子(こ)どもを 安心(あんしん)させて ください。地震(じしん)で 一人(ひとり)になった こどもが いるかも しれません。避難所(ひなんじょ・にげる ところ)には 親(おや)と いっしょで ない 子(こ)どもも います。
大人(おとな)が やさしく 話(はな)しかけたり やさしく 話(はなし)を きいたりすると 子(こ)どもは 安心(あんしん)します。まわりの 大人(おとな)が 安心(あんしん)させて ください

こどもを 安心(あんしん)させるために 次(つぎ)のことを してください。
●こどもに ゆっくり 話(はな)しかけてください。
●こどもの 話(はなし)を 聞(き)いてください。
●子(こ)どもに できる しごとを させても いいです。
子(こ)どもが 安心(あんしん)できるように、 気(き)をつけてあげてください。

【問(と)い合(あ)わせ先(さき)】
東北(とうほく)地方(ちほう)太平洋(たいへいよう)沖(おき)地震(じしん)多言語(たげんご)支援(しえん)センター(せんたー)
メール(めーる):tabumane110311@yahoo.co.jp



Back to Home | Back to 「やさしい日本語」.