放射線量の基準値を超えた食品について – 53

2011年3月 19日17:15
東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳第53報

放射線量の基準値を超えた食品について

3月19日に、茨城県内のほうれん草と福島県内の牛乳から、基準値を超える放射線量が検出されました。
ただし、今回発見された放射線量の値は、牛乳については、人が一日に摂取する平均的な量を1年間飲み続けても、CTスキャン一回程度の量です。ほうれん草については、1年間食べ続けても、CTスキャン一回の5分の1程度の量です。どちらも、ただちに健康に影響はありません。
なお、食品の放射能検査の結果、原子力安全委員会が示した基準値を上回った食品は、自治体により出荷停止等の処置がとられます。

放射線量の基準値を超えた食品について_PDF(日本語、ポルトガル語、タイ語、中国語、英語、スペイン語、タガログ語、インドネシア語、ベトナム語、韓国・朝鮮語、やさしい日本語)

【問い合わせ先】
 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター
 メール:tabumane110311@yahoo.co.jp

Back to Home | Back to 日本語.