避難所(ひなんじょ・にげる ところ)の お年寄(としよ)りの ために できること – 52

2011年(ねん) 3月(がつ)19日(にち)14:00
東北(とうほく)地方(ちほう)太平洋(たいへいよう)沖(おき)地震(じしん)多言語(たげんご)支援(しえん)センター(せんたー) 災害(さいがい)情報(じょうほう) 翻訳第(ほんやくだい)52報(ほう)

避難所(ひなんじょ・にげる ところ)の お年寄(としよ)りの ために できること

避難所(ひなんじょ・にげる ところ)に いるときも 歩(ある)いてください。体(からだ)を 動(うご)かしてください。
お年寄(としよ)りの ために 「動(うご)かないでください」「私(わたし)たちが します」と 言(い)っている かも しれません。しかし お年寄(としよ)りは 動(うご)かないで いると 動(うご)くことが できなくなります。だから 避難所(ひなんじょ・にげる ところ)に いるときも 体(からだ)を 動(うご)かして いてください。

体(からだ)を 動(うご)かすために 次(つぎ)のことを してください。
  ●昼(ひる)は 布団(ふとん)を たたんで 寝(ね)ないように してください。昼(ひる)は できるだけ 起(お)きていてください。
  ●避難所(ひなんじょ・にげる ところ)に 歩(ある)くことができる 道(みち)を 作(つく)ってください。たくさん 歩(ある)いてください。

歩(ある)いたり 体(からだ)を 動(うご)かすことは とても大切(たいせつ)です。お年寄(としよ)りが できる 仕事(しごと)を お年寄(としよ)りに してもらってください。

【問い合わせ先(と  あ   さき)】())
 東北(とうほく)地方(ちほう)太平洋(たいへいよう)沖(おき)地震(じしん)多言語(たげんご)支援(しえん)センター(せんたー)
  メール(めーる):tabumane110311@yahoo.co.jp

Back to Home | Back to 「やさしい日本語」.