放射線(ほうしゃせん)が 普通(ふつう)より 多(おお)く 入(はい)っている 食(た)べものが 見(み)つかりました – 53

2011年(ねん)3月(がつ) 19日17:15
東北(とうほく)地方(ちほう)太平洋(たいへいよう)沖(おき)地震(じしん)多言語(たげんご)支援(しえん)センター(せんたー)災害(さいがい)情報(じょうほう) 翻訳(ほんやく)第53(だい53)報(ほう)

放射線(ほうしゃせん)が 普通(ふつう)より 多(おお)く 入(はい)っている 食(た)べものが 見(み)つかりました

3月(がつ)19日(にち) 茨城県(いばらきけん)の ほうれんそうと 福島県(ふくしまけん)の 牛乳(ぎゅうにゅう)から 普通(ふつう)より 多(おお)い 放射線(ほうしゃせん)が 見(み)つかりました。

●どのくらい 放射線(ほうしゃせん)が 入(はい)っているか
  ・ 牛乳(ぎゅうにゅう)の 放射線(ほうしゃせん)は 1年間(ねんかん)毎日(まいにち) 飲(の)みつづけた とき CTスキャン(しーてぃーすきゃん)1回(かい)ぐらいです。
  ・ほうれん草(そう)は 1年間(ねんかん) 毎日(まいにち) 食(た)べ続(つづ)けたとき CTスキャン(しーてぃーすきゃん) 1回の 20%ぐらいです。

この ほうれんそうと 牛乳(ぎゅうにゅう)の 放射線(ほうしゃせん)は 少(すく)ないです。この 牛乳(ぎゅうにゅう)を 飲(の)んだり  この ほうれん草(そう)を 食(た)べたりしても、すぐに 体(からだ)の 具合(ぐあい)が 悪(わる)くなる ことは ありません。放射線(ほうしゃせん)が たくさん 入(はい)っている 食(た)べものは 店(みせ)で 売(う)っていません。

【問(と)い合(あ)わせ先(さき)】
 東北(とうほく)地方(ちほう)太平洋(たいへいよう)沖(おき)地震(じしん)多言語(たげんご)支援(しえん)センター(せんたー)
 メール(めーる):tabumane110311@yahoo.co.jp

Back to Home | Back to 「やさしい日本語」.