住(す)む所(ところ)がなくなって県(けん)や市(し)が貸(か)す家(いえ)に住(す)みたい人(ひと)へ – 62

2011年3月22日14:00
東北(とほうく)地方(ちほう)太平洋(たいへいよう)沖(おき)地震(地震)多言語(たげんご)支援(しえん)センター(センター)
災害情報(さいがいじょうほう) 翻訳(ほんやく)第62報(だい62ほう)

住(す)む 所(ところ)が なくなって 県(けん)や 市(し)が 貸(か)す 家(いえ)に 住(す)みたい 人(ひと)へ

地震(じしん)や 津波(つなみ)に あった 人(ひと)や、福島原子力発電所(ふくしまげんしりょくはつでんしょ)の 事故(じこ)の ために、自分(じぶん)の 家(いえ)に 住(す)むことができなくなった 人(ひと)が 住(す)むことの できる 家(いえ)について 質問(しつもん)することができます。

あなたが 住(す)んでいる 県(けん) 以外(いがい)の 家(いえ)に 住(す)んでも いい 人(ひと)は 情報センター(じょうほうせんたー)に 電話(でんわ)してください。あなたが 住(す)んでいる 県(けん) 以外(いがい)で 住(す)むことが できる 家(いえ)を 紹介(しょうかい)して
くれます。

●情報センター(じょうほうせんたー)
  ・電話番号(でんわばんごう):0120-297-722(被災者公営住宅等情報センター・ひさいしゃ こうえいじゅうたくとう じょうほうせんたー)
   フリーダイヤル(ふりーだいやる)です。電話料金(でんわりょうきん)が いりません
  ・日本語(にほんご)で 相談(そうだん)します
   質問(しつもん)をする ときは、日本語(にほんご)を 話(はな)すことができる 人(ひと)が 電話(して)ください
   ・相談(そうだん)の時間(じかん):午前9時(ごぜんくじ)から 午後6時(ごごろくじ)まで
   ・携帯電話(けいたいでんわ)、 公衆電話(こうしゅうでんわ)、 衛星電話(えいせいでんわ)からも 電話(でんわ)することが できます
  ※土曜日(どようび)、 日曜日(にちようび)、 祝日(しゅくじつ:国(くに)の 休(やす)みの 日(ひ))は、 家(いえ)を 紹介(しょうかい)してくれる 人(ひと)の 電話番号(でんわばんごう)だけを  教(おし)える こともあります。

●県(けん)や 市(し)が 建(た)てた 家(いえ)を 借(りる)ことが できる 人(ひと)
  1) 地震(じしん)や 津波(つなみ)で 家(いえ)を なくした 人(ひと)
  2)福島原子力発電所(ふくしまげんしりょくはつでんしょ)の 事故(じこ)で、日本政府(にほん せいふ)から 逃(に)げてくださいと 言(い)われた 人(ひと)

●借(か)りる ための 申(もう)し込(こ)みが できる 家(いえ)
 ○県(けん)、市(し)、町(まち)、村(むら)などが 貸(か)す 家(いえ)
 ○地方住宅供給公社(ちほうじゅうたくきょうきゅうこうしゃ)が 貸(か)す 家(いえ) 
 ○都市再生機構UR(としさいせいきこう ゆーあーる)が 貸(か)す 家(いえ)

※次(つぎ)の 県(けん)に 住(す)んでいて、同(おな)じ 県(けん)の 中(なか)の 家(いえ)を 借(か)りたい 人(ひと)は、住(す)んでいる 県(けん)、市(し)、町(まち)、村(むら)に 相談(そうだん)してください。
  岩手県(いわてけん) 宮城県(みやぎけん) 福島県(ふくしまけん) 茨城県(いばらきけん) 栃木県(とちぎけん) 千葉県(ちばけん)

もっと 知(し)りたいことが ある人(ひと)は、 自分(じぶん)が 住(す)みたい所(ところ)の 家(いえ)を 紹介(しょうかい)して くれる 人(ひと)に 相談(そうだん)して ください。

【問(と)い合(あ)わせ先(さき)】
 東北(とほうく)地方(ちほう)太平洋(たいへいよう)沖(おき)地震(地震)多言語(たげんご)支援(しえん)センター(センター)
 メール(めーる):tabumane110311@yahoo.co.jp

Back to Home | Back to 「やさしい日本語」.