赤(あか)ちゃんがいるお母(かあ)さんへ – 64

2011年(ねん)3月(がつ)22日(にち)14:00
東北(とうほく)地方( ちほう )太平洋( たいへいよう )沖(おき)地震( じしん )多言語(たげんご)支援(しえん)センター(せんたー)災害(さいがい)情報(じょうほう) 翻訳(ほんやく)64(64)報(ほう)

赤(あか)ちゃんが いる お母(かあ)さんへ

 お母(かあ)さんの 中(なか)には、地震(じしん)や 津波(つなみ)があって、不安(ふあん)な 人(ひと)が いると 思(おも)います。
●落(お)ち着(つ)いて お乳(ちち)を あげる ことが 大切(たいせつ)です
 お母(かあ)さんは 安心(あんしん)できる ところを 見(み)つけてください。そこで、赤(あか)ちゃんに ゆっくり ミルク(みるく)を あげて ください。今(いま) ミルク(みるく)が 出(で)ない お母(かあ)さんも いると 思(おも)います。ミルク(みるく)が 出(で)なくなっても、ミルク(みるく)を あげる 時間(じかん)を 作(つく)ると、また 出(で)てくる ことが よくあります。
 もし、ミルク(みるく)が 出(で)なくて、粉ミルク(こなみるく)も ない ときは、「おもゆ」を 赤(あか)ちゃんに少(すこ)しずつ 飲(の)ませてください。「おもゆ」は、米(こめ)を たくさんの 水(みず)で 炊(た)いてから 米粒(こめつぶ)を 取(と)った 汁(しる)の ことです。

●周(まわ)りの 人(ひと)に 赤(あか)ちゃんが いることを 知(し)らせてください
 ・赤(あか)ちゃんが いることを 知(し)らせて 周(まわ)りの 人(ひと)に 手伝(てつだ)って もらってください。
 ・避難所(ひなんじょ)では、段ボール(だんぼーる)の 中(なか)に タオル(たおる)を 入(い)れて 赤(あか)ちゃんを 置(お)いてください。
 ・ 段ボール(だんぼーる)に、「赤(あか)ちゃんが います」と 書(か)いた 紙(かみ)を 付(つ)けてください。

●おむつが 足(た)りない 時(とき)
 赤(あか)ちゃんの おむつが 足(た)りない 時(とき)は、スーパー(すーぱー)や コンビニ(こんびに)で もらう 袋(ふくろ)を 使(つか)うことが できます。スーパー(すーぱー)や コンビニ(こんびに)の 袋(ふくろ)で おむつを 作(つく)ることが できます。おむつだけで なく、生理用品(せいりようひん)も 作(つく)ることが できます。

(©Ushida Kyoko)

【問(と)い合(あ)わせ先(さき)】
 東北(とうほく)地方(ちほう)太平洋(たいへいよう)沖(おき)地震(じしん)多言語(たげんご)支援(しえん)センター(せんたー)
 メール(めーる):tabumane110311@yahoo.co.jp


Back to Home | Back to 「やさしい日本語」.