仮設住宅の入居について – 82

2011年3月28日14:00
東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳82報

仮設住宅の入居について

仮設住宅の受付が始まっている地域があります。仮設住宅に入ることができるのは、住む場所がなくなり、資金がなくて新たに住宅を借りたり、建てたりすることができない人です。申し込みは、避難所や各自治体の窓口です。必要なものは、①申請用紙、②本人確認ができる書類(運転免許証、保険証など)、③罹災証明書です。罹災証明書とは、各自治体が被災状況の現地調査をして発行するもので、「全壊」「大規模半壊」「半壊」「一部損壊」の4つに区分されます。区分によって、支援額、税の減免が変わります。詳しくは、各自治体の窓口に相談してください。

仮設住宅の入居について_PDF(日本語、ポルトガル語、タイ語、中国語、英語、スペイン語、タガログ語、インドネシア語、ベトナム語、韓国・朝鮮語、やさしい日本語)

【問い合わせ先】
 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター
 メール:tabumane110311@yahoo.co.jp

Back to Home | Back to 日本語.