日本(にほん)に 住(す)んでいる 外国人(がいこくじん)からの 手伝(てつだ)い – 86

2011年(ねん)3月(がつ)29日(にち)14:00
東北地方太平洋沖地震多言語支援センター(とうほくちほうたいへいようおきじしん たげんごしえんせんたー) 災害情報(さいがいじょうほう) 翻訳(ほんやく) 第(だい)86報(ほう)

日本(にほん)に 住(す)んでいる 外国人(がいこくじん)からの 手伝(てつだ)い

日本(にほん)に 住(す)んでいる 外国人(がいこくじん)が 地震(じしん)・津波(つなみ)で
たいへんな 人(ひと)を 手伝(てつだ)っています。
 
中南米(ちゅうなんべい)から 来た 人たちが 三重県(みえけん) 鈴鹿市(すずかし) NPО法人 愛伝舎(えぬぴーおーほうじんあいでんしゃ)に、地震(じしん)・津波(つなみ)で たいへんな 人の ための 物(もの)を たくさん 送りました。
富山県(とやまけん)の 日伯交流友(にっぱくこうりゅうとも)の会(かい)」にも、 南米(なんべい)から 来(き)た 人から 水(みず)や 食料(しょくりょう)、 紙(かみ)おむつなどが たくさん 送(おく)られてきました。
パキスタン(ぱきすたんじん)から 来(き)て 富山県(とやまけん)に 住(す)んでいる 人(ひと)は 仙台市(せんだいし)の 避難所(ひなんじょ)で 1000人分(にんぶん)の カレーライス(かれーらいす)を 作(つく)りました。
群馬県大泉町(ぐんまけんおおいずみまち)では、ブラジル(ぶらじる)から 来(き)た 人たちが、 地震(じしん)・津波(つなみ)で たいへんな 人の ための 物(もの)を 350キログラム(きろぐらむ) 集(あつ)めました。
岐阜県(ぎふけん)NPО法人ブラジル友(えぬぴーおーほうじんぶらじるとも)の会(かい)でも、 地震(じしん)・津波(つなみ)で たいへんな 人の ための 物(もの)を 集(あつ)めています。

日本(にほん)に 住(す)んでいる みんなが 助(たす)け合(あ)っています。

【上(うえ)の 情報(じょうほう)についての 質問(しつもん)は】
東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)
多言語支援センター(たげんごしえんせんたー)
tabumane110311@yahoo.co.jp へ

Back to Home | Back to 「やさしい日本語」.