避難所(ひなんじょ)で よく 寝(ね)ることができない 人(ひと)へ – 92

2011年(ねん)4月(がつ)1日(ついにち)17:00
東北地方太平洋沖地震多言語支援センター(とうほくちほうたいへいようおきじしん たげんごしえんせんたー)
災害情報(さいがいじょうほう)翻訳(ほんやく)第(だい)92報(ほう)

避難所(ひなんじょ)で よく 寝(ね)ることができない 人(ひと)へ

避難所(ひなんじょ)<にげる ところ>で よく 寝(ね)ることができなくて 困(こま)っている 人(ひと)に お知(し)らせです。
次(つぎ)のことをしてみてください。

○ 昼(ひる)は 外(そと)に 出(で)て 日(ひ)の 光(ひかり)の 中(なか)で 体(からだ)を 動(うご)かしてください。
○ 下(した)が 固(かた)かったら、横(よこ)を 向(む)いて 寝(ね)てください。
小(ちい)さい 布団(ふとん)や 枕(まくら)が あったら、それを 抱(だ)いてください。腰(こし)が 痛(いた)くなりにくいです。
○ まわりの 音(おと)が うるさかったら ティッシュ(てぃっしゅ)を 耳(みみ)に 入(い)れてください。
明(あか)るくて よく 寝(ね)ることができない ときは、タオル(たおる)を 目(め)の 上(うえ)に 置(お)いてください。

【上(うえ)の 情報(じょうほう)についての 質問(しつもん)は】
東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)
多言語支援センター(たげんごしえんせんたー)
tabumane110311@yahoo.co.jp へ

Back to Home | Back to 「やさしい日本語」.