子(こ)どもの ために できる こと – 95

2011年(ねん)4月(がつ)2日(ふつか)17:00
東北地方太平洋沖地震多言語支援センター(とうほくちほうたいへいようおきじしん たげんごしえんせんたー)
災害情報(さいがいじょうほう) 翻訳(ほんやく)第(だい)95報(ほう)

子(こ)どもの ために できる こと

子(こ)どもの 心(こころ)の ために できること

子(こ)どもが 安心(あんしん)できるように してください。

○ 怖(こわ)い ことが あった とき、子(こ)どもが 急(きゅう)に 赤(あか)ちゃんに もどったように なることがあります。
甘(あま)えたり、わがままに なったり、トイレ(といれ)に 行(い)く 前(まえ)に おしっこが 出(で)てしまったり することがあります。
怒(おこ)らないでください。やさしく して、ゆっくり 待(ま)ってあげてください。
○ 力(ちから)を 入(い)れて 抱(だ)いてあげたり、やさしく 話(はな)しかけたり、いっしょに 遊(あそ)んだり してください。
○ 子(こ)どもに できる しごとを してもらってください。
人(ひと)の 役(やく)に立(た)つことが できると、明(あか)るく 元気(げんき)な 気持(きも)ちになります。
○ 同(おな)じ ことを 何回(なんかい)も 聞(き)いてくることがあります。
安心(あんしん)できていない ときです。
できるだけ 何回(なんかい)でも きちんと 答(こた)えてあげてください。

●【発達障がい(はったつ しょうがい)】が ある 子(こ)どもの ことが 心配(しんぱい)な人へ
○ 心(こころ)から 話(はなし)が できる 人(ひと)に 子(こ)どもの ことを 相談(そうだん)してください。ひとりだけで 心配(しんぱい)しないでください。
○ 誰(だれ)も 聞(き)いていないのに 子(こ)どもが ひとりで 話(はなし)を したり、急(きゅう)に 大(おお)きい 声(こえ)を 出(だ)したり するときは、昼(ひる)に 大(おお)きい 声(こえ)を 出(だ)させてみてください。
その とき、大(おお)きい 声(こえ)を 出(だ)しても いい 所(ところ)を 選(えら)んでください。
大(おお)きい 声(こえ)を 出(だ)してもいい 所(ところ)と、出(だ)さないほうがいい 所(ところ)が わかるようになることがあります。
○ 夜(よる)に 寝(ね)ないで 急(きゅう)に 大(おお)きい 声(こえ)を 出(だ)したり、あちこち 歩(ある)いて 回(まわ)ったり することがあります。少(すこ)し 散歩(さんぽ)したり、いっしょに いてあげたりすると、心(こころ)が落(お)ちつきやすくなります。

協力(きょうりょく):株式会社ベネッセコーポレーション(かぶしきがいしゃ べねっせ こーぽれーしょん)
URL: http://care.shimajiro.co.jp

【上(うえ)の 情報(じょうほう)についての 質問(しつもん)は】
東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)
多言語支援センター(たげんごしえんせんたー)
tabumane110311@yahoo.co.jp へ

Back to Home | Back to 「やさしい日本語」.