地震(じしん)・津波(つなみ)で たいへんな 人(ひと)は 毎日(まいにち)の 生活(せいかつ)の ための お金(かね)を 借(か)りることができます-生活福祉資金貸付(せいかつ ふくし しきん かしつけ) – 97

2011年(ねん)4月(しがつ)3日(みっか)
東北地方太平洋沖地震多言語支援センター(とうほくちほうたいへいようおきじしん たげんごしえんせんたー) 
災害情報(さいがいじょうほう) 翻訳(ほんやく) 第(だい)97報(ほう)

地震(じしん)・津波(つなみ)で たいへんな 人(ひと)は 毎日(まいにち)の 生活(せいかつ)の ための お金(かね)を 借(か)りることができます
-生活福祉資金貸付(せいかつ ふくし しきん かしつけ)

地震(じしん)・津波(つなみ)で たいへんな 人は 生活(せいかつ)するための お金(かね)を 借(か)りることが できます。

10万円(まんえん)まで 借(か)りることが できます。

家族(かぞく)が 地震(じしん)・津波(つなみ)で 死(し)んでしまった 人(ひと)や、家族(かぞく)が 要介護者(ようかいごしゃ)*の 人(ひと)は 20万円(まんえん)まで 借(か)りることが できます。
*要介護者(ようかいごしゃ)—毎日(まいにち)の 生活(せいかつ)で 他(ほか)の 人(ひと)の 特別(とくべつ)な 手伝(てつだ)いが いる 人(ひと) 

借(か)りてから 2年(ねん)までの 間(あいだ)に 返(かえ)します。
借(か)りてから 1年間(ねんかん)は 返(かえ)さなくてもいいです。
利息(りそく)は ありません。お金(かね)を 返(かえ)すとき、借(か)りた お金(かね)だけ 返(かえ)せばいいです。
保証人(ほしょうにん)も いりません。あなたが お金(かね)を 返(かえ)すことができなかったときに 代(か)わりに 返(かえ)す 約束(やくそく)を する 人(ひと)が いなくても 借(か)りることができます。

市役所(しやくしょ)、町役場(まちやくば)、村役場(むらやくば)の 社会福祉協議会(しゃかいふくし きょうぎかい)に 申(もう)し込(こ)んでください。

岩手県(いわてけん)と 宮城県(みやぎけん)の 社会福祉協議会(しゃかいふくし きょうぎかい)には、もう 申(もう)し込(こ)むことができます。
福島県(ふくしまけん)の 社会福祉協議会(しゃかいふくし きょうぎかい)には、4月4日(しがつよっか)月曜日(げつようび)から 申(もう)し込(こ)むことができます。
埼玉県(さいたまけん)、東京都(とうきょうと)、北海道(ほっかいどう)、青森県(あおもりけん)、栃木県(とちぎけん)、長野県(ながのけん)、千葉県(ちばけん)など 30の 都道府県社会福祉協議会(とどうふけん しゃかいふくしきょうぎかい)でも 申(もう)し込(こ)むことができます。

近(ちか)くに いる 市(し)、町(まち)、村(むら)の 役所(やくしょ)の 人(ひと)や、避難所(ひなんじょ)の 世話(せわ)を する 係(かかり)の 人(ひと)にも 相談(そうだん)できます。ぜひ 相談(そうだん)してください。

【上(うえ)の 情報(じょうほう)についての 質問(しつもん)は】
東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)
多言語支援センター(たげんごしえんせんたー)
tabumane110311@yahoo.co.jp へ

Back to Home | Back to 「やさしい日本語」.