福島第一原子力発電所(ふくしま だいいち げんしりょく はつでんしょ)の 近(ちか)くで、住(す)んではいけない ところが 多(おお)くなります。—「計画的避難区域(けいかくてきひなんくいき)」と「緊急時避難準備区域(きんきゅうじひなんじゅんびくいき)」 – 112

2011年(ねん)4月(がつ)11日(にち)18:00
東北地方太平洋沖地震多言語支援センター(とうほくちほうたいへいようおきじしんたげんごしえんせんたー)
災害情報(さいがいじょうほう) 翻訳(ほんやく)112報(ほう)

福島第一原子力発電所(ふくしま だいいち げんしりょく はつでんしょ)の 近(ちか)くで、住(す)んではいけない ところが 多(おお)くなります。
—「計画的避難区域(けいかくてきひなんくいき)」と「緊急時避難準備区域(きんきゅうじひなんじゅんびくいき)」

4月(がつ)11日(にち)の午後(ごご)に、日本(にほん)の 政府(せいふ)から お知(し)らせがありました。
 
枝野官房長官(えだの かんぼうちょうかん)が 言(い)いました。

福島第一原子力発電所(ふくしま だいいち げんしりょく はつでんしょ)の 近(ちか)くの、次(つぎ)の ところを 「計画的避難区域(けいかくてき ひなんくいき)」に します。
「計画的避難区域(けいかくてき ひなんくいき)」に 住(す)んでいる 人(ひと)は これから 1か月(げつ)の 間(あいだ)に 必(かなら)ず 逃(に)げてください。
○葛尾村(かつらおむら)
○浪江町(なみえまち)
○飯舘村(いいたてむら)
○川俣町(かわまたまち)の一部(いちぶ)
○南相馬市(みなみそうまし)の一部(いちぶ)

ここでは、放射線(ほうしゃせん)の 量(りょう)が 1年間(ねんかん)で 20ミリシーベルト(みりしーべると)より 多(おお)くなるかもしれないからです。

自分(じぶん)で 逃(に)げることができない 人(ひと)は 政府(せいふ)と 県(けん)、市(し)、町(まち)、村(むら)が 逃(に)げるための 手伝(てつだ)いをします。
もっと 詳(くわ)しい ことは 政府(せいふ)と 県(けん)、市(し)、町(まち)、村(むら)で これから 相談(そうだん)して 決(き)めます。お知(し)らせを 待(ま)ってください。

枝野官房長官(えだのかんぼうちょうかん)は もう ひとつ 言(い)いました。

福島第一原子力発電所(ふくしま だいいち げんしりょくはつでんしょ)から 20キロ(きろ)から 30キロ(きろ)の ところを 「緊急時避難準備区域(きんきゅうじ ひなん じゅんび くいき)」に します。
ここに 住(す)んでいる 人(ひと)で、逃(に)げることができる 人(ひと)は、逃(に)げてください。
○広野町(ひろのまち)
○楢葉町(ならはまち)
○川内村(かわうちむら)
○田村市(たむらし)の一部(いちぶ)
○南相馬市(みなみそうまし)の一部(いちぶ)
今(いま) どうしても ここに 住(す)まなければならない 人(ひと)も、 逃(に)げる 準備(じゅんび)を してください。危(あぶ)なくなったら いつでも 逃(に)げることができるように 準備(じゅんび)してください。
子(こ)どもと 妊婦(にんぷ)<おなかの 中(なか)に 赤(あか)ちゃんが いる人(ひと)>、病院(びょういん)に 入院(にゅういん)している 人(ひと)は、ここに 入(はい)らないでください。
ここでは、保育所(ほいくしょ)、幼稚園(ようちえん)、小学校(しょうがっこう)、中学校(ちゅうがっこう)、高校(こうこう)は 休(やす)みになります。

※2011年(ねん)4月(がつ)11日(にち) 午後(ごご)4時14分(ふん) 読売新聞(よみうりしんぶん)の 情報(じょうほう)です。

【上(うえ)の 情報(じょうほう)についての 質問(しつもん)は】
 東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)
多言語支援センター(たげんごしえんせんたー)
tabumane110311@yahoo.co.jpへ

Back to Home | Back to 「やさしい日本語」.