国際原子力事象評価尺度(INES)レベル7 – 113

2011年4月13日14:00
東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳 113報

国際原子力事象評価尺度(INES)レベル7

4月12日、政府は福島第一原子力発電所の事故の暫定評価をレベル7としました。3月18日に発表されたレベル5より2段階あがりました。
ただし、これは放射線物質の量が最近突然増えたのではなく、当初からのデータを検討した結果の判断です。これにより直ちに避難区域が拡大されたということではありません。

レベル 国際原子力事象評価尺度(INES)

深刻な事故
大事故
事業所外へリスクを伴う事故
事業所外への大きなリスクを伴わない事故
重大な異常事象
異常事象
逸脱

各地の放射線計測値や上水(蛇口水)の調査結果は、下記HPをご覧ください。(日本語・英語・中国語・韓国語)

全国の放射線モニタリングデータ
http://www.mext.go.jp/

詳細は近くの市町村職員や避難所スタッフ、または各都道府県におたずねください。

国際原子力事象評価尺度(INES)レベル7_PDF(日本語、ポルトガル語、タイ語、中国語、英語、スペイン語、タガログ語、インドネシア語、ベトナム語、韓国・朝鮮語、やさしい日本語)

【問い合わせ先】
 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター
 メール:tabumane110311@yahoo.co.jp

Back to Home | Back to 日本語.