余震(よしん)<後(あと)で 来(く)る 地震(じしん)>に 気(き)をつけてください – 114

2011年(ねん)4月(がつ)13日(にち)14:00
東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)多言語支援センター(たげんごしえんせんたー)
災害情報(さいがいじょうほう) 翻訳(ほんやく)114報(ほう)

余震(よしん)<後(あと)で 来(く)る 地震(じしん)>に 気(き)をつけてください

3月(がつ)11日(にち)から 1ヶ月(かげつ)が 過(す)ぎました。
でも、余震(よしん)が 続(つづ)いています。
初(はじ)めの 大(おお)きい 地震(じしん)の 名前(なまえ)は 本震(ほんしん)です。
その 後(あと)で 来(く)る 地震(じしん)の 名前(なまえ)は 余震(よしん)です。

3月(がつ)11日(にち)の 本震(ほんしん)は とても 大(おお)きかったです。
マグニチュード(まぐにちゅーど)が 9.0でした。
3月(がつ)11日(にち)の 本震(ほんしん)が とても 大(おお)きかったから、余震(よしん)が たくさん あります。
震度(しんど)が 5か それより 大(おお)きい 余震(よしん)が 今(いま)まで 408回(かい) ありました。
余震(よしん)は 本震(ほんしん)から 時間(じかん)が 経(た)てば 経(た)つ ほど 少(すく)なくなります。
でも、これからも ときどき 大(おお)きい 余震(よしん)が あるかもしれません。
本震(ほんしん)が あった 東北地方(とうほくちほう)から 遠(とお)くても 余震(よしん)が あるかもしれません。
余震(よしん)に 気(き)をつけてください。

○ 壊(こわ)れた 家(いえ)の 近(ちか)くに 行(い)かないでください。壊(こわ)れた 家(いえ)が 余震(よしん)で もっと 壊(こわ)れるかもしれません。
○ 崖(がけ)の 近(ちか)くに 行(い)かないでください。崖(がけ)が 余震(よしん)で 崩(くず)れて たくさんの 土(つち)や とても 大(おお)きい 石(いし)が 流(なが)れてきたり 上(うえ)から 落(お)ちてきたりするかもしれません。
○ 大(おお)きい 余震(よしん)が あったら、海(うみ)の 近(ちか)くから 逃(に)げてください。大(おお)きい 余震(よしん)で 津波(つなみ)が 来(く)るかもしれません。津波(つなみ)が 来(く)る とき、津波警報(つなみ けいほう)と 津波注意報(つなみ ちゅういほう)で お知(し)らせします。大(おお)きい 余震(よしん)が あって、警報(つなみ けいほう)と 津波注意報(つなみ ちゅういほう)が 出(で)たら、 海(うみ)の 近(ちか)くから すぐに 逃(に)げてください。

【上(うえ)の 情報(じょうほう)についての 質問(しつもん)は】
東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)
多言語支援センター(たげんごしえんせんたー)
tabumane110311@yahoo.co.jp へ

Back to Home | Back to 「やさしい日本語」.