被災(ひさい)して とても たいへんな 人(ひと)は 病院(びょういん)の お金(かね)を 払(はら)わなくてもいいです—医療費減免(いりょうひ げんめん) ※第(だい)8報(ぽう)の つづきです – 117

2011年(ねん)4月(しがつ)15日(にち)14:00
東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)多言語支援センター(たげんごしえんせんたー)
災害情報(さいがいじょうほう) 翻訳(ほんやく)117報(ほう)

被災(ひさい)して とても たいへんな 人(ひと)は 病院(びょういん)の お金(かね)を 払(はら)わなくてもいいです—医療費減免(いりょうひ げんめん) ※第(だい)8報(ぽう)の つづきです

被災(ひさい)して とても たいへんな 人(ひと)は 病院(びょういん)の お金(かね)を 払(はら)わなくてもいいです。
被災(ひさい)して 保険証(ほけんしょう)が なくなっていても 病院(びょういん)で お金(かね)を払(はら)わなくてもいいです。

お金(かね)を 払(はら)わなくてもいい 人(ひと)は、災害救助法(さいがいきゅうじょほう)で 被災地域(ひさいちいき)に なった ところの 人(ひと)で、下(した)の 1から 6までの 人(ひと)です。
地震(じしん)の 後(あと)で ほかの ところに 逃(に)げた 人(ひと)も 払(はら)わなくてもいいです。
1.家(いえ)が 壊(こわ)れてしまった 人(ひと)—全壊(ぜんかい)した<全体(ぜんたい)が ぜんぶ 壊(こわ)れた>人(ひと)と 半壊(はんかい)した<半分(はんぶん) 壊(こわ)れた>人(ひと)
2.家族(かぞく)の 生活(せいかつ)の ための お金(かね)を かせいでいた 人(ひと)が 死(し)んでしまったり、大(おお)きい けがを してしまった 人(ひと)
3.家族(かぞく)の 生活(せいかつ)の ための お金(かね)を かせいでいた 人(ひと)が 今(いま) どこに いるか わからなくなってしまった 人(ひと)
4.家族(かぞく)の 生活(せいかつ)の ための お金(かね)を かせいでいた 人(ひと)が 仕事(しごと)を やめたり 休(やす)んだりしている 人(ひと)
5.家族(かぞく)の 生活(せいかつ)の ための お金(かね)を かせいでいた 人(ひと)が 仕事(しごと)が なくなって お金(かね)が 受(う)け取(と)れない 人(ひと)
6.福島第一・第二原発(ふくしま だいいち だいに げんぱつ)の 事故(じこ)で 避難(ひなん)と 屋内退避(おくない たいひ)の ところの 人(ひと)
福島第一・第二原発(ふくしま だいいち だいに げんぱつ)の 事故(じこ)で 政府(せいふ)が 逃(に)げなさいと 言(い)った ところの 人(ひと)と 家(いえ)の 外(そと)に できるだけ 出(で)ないでくださいと 言(い)った ところの 人(ひと)

あなたが お金(かね)を 払(はら)わなくてもいい 人(ひと)か どうか、下(した)の 人(ひと)に相談(そうだん)してください。
○ 近(ちか)くの 市役所(しやくしょ)や 町役場(まちやくば)などの 人(ひと)
○ 避難所(ひなんじょ)の 世話(せわ)を する 係(かかり)の 人(ひと)
○ 都庁(とちょう)、道庁(どうちょう)、府庁(ふちょう)、県庁(けんちょう)の係の人(ひと)

計画的避難区域(けいかくてきひなんくいき)」*の 人(ひと)も 病院(びょういん)の お金(かね)を 払(はら)わなくてもよくなるかもしれません。
*「計画的避難区域(けいかくてきひなんくいき)」—原発(げんぱつ)の 近(ちか)くで、これから 1か月(げつ)ぐらいの 間(あいだ)に 逃(に)げてくださいと 政府(せいふ)が 言(い)った ところ
もっと 詳(くわ)しい ことが わかったら また この サイトで お知(し)らせします。


【上(うえ)の 情報(じょうほう)についての 質問(しつもん)は】
東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)
多言語支援センター(たげんごしえんせんたー)
tabumane110311@yahoo.co.jp へ

Back to Home | Back to 「やさしい日本語」.