福島第一原子力発電所(ふくしま だいいち げんしりょくはつでんしょ)から30キロ(きろ)までの ところに 住(す)んで いた 人(ひと)に 東京電力(とうきょうでんりょく)が お金(かね)を 払(はら)います ー 仮払補償金(かりばらい ほしょうきん) – 116

2011年(ねん)4月(しがつ)15日(にち)14:00
東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)多言語支援センター(たげんごしえんせんたー)
災害情報(さいがいじょうほう) 翻訳(ほんやく)116報(ほう)

福島第一原子力発電所(ふくしま だいいち げんしりょくはつでんしょ)から30キロ(きろ)までの ところに 住(す)んで いた 人(ひと)に 東京電力(とうきょうでんりょく)が お金(かね)を 払(はら)います ー 仮払補償金(かりばらい ほしょうきん)

4月(がつ)15日(にち)に、東京電力(とうきょうでんりょく)から お知(し)らせが ありました。

福島第一原子力発電所(ふくしま だいいち げんしりょくはつでんしょ)から30キロ(きろ)までの ところに 住(す)んで いた 人(ひと)に 東京電力(とうきょうでんりょく)が お金(かね)を 払(はら)います。

避難地域(ひなん ちいき)*と 屋内退避地域(おくない たいひちいき)*の 人(ひと)に 払(はら)います。
*避難地域(ひなん ちいき)— 原発事故(げんぱつ じこ)で 政府(せいふ)が 逃(に)げなさいと 言(い)った ところ
*屋内退避地域(おくない たいひちいき)— 原発事故(げんぱつ じこ)で 政府(せいふ)が 家(いえ)の 外(そと)に できるだけ 出(で)ないでくださいと 言(い)った ところの 人(ひと)

今(いま) 生活(せいかつ)に いる お金(かね)を 払(はら)います。
「仮払い補償金(かりばらい ほしょうきん)」です。

ひとつの 家族(かぞく)に 100万円(まんえん)を 払(はら)います。
ひとりで ひとつの 家族(かぞく)の 人(ひと)に 75万円(まんえん)を 払(はら)います。

下(した)の 市(し)と 町(まち)と 村(むら)に 福島第一原子力発電所(ふくしま だいいち げんしりょく はつでんしょ)から 30キロ(きろ)までの ところが あります。
南相馬市(みなみそうまし)、飯舘村(いいたてむら)、浪江町(なみえまち)、双葉町(ふたばまち)、大熊町(おおくままち)、富岡町(とみおかまち)、楢葉町(ならはまち)、広野町(ひろのまち)、葛尾村(かつらおむら)、川内村(かわうちむら)、田村市(たむらし)、いわき市(いわきし)

東京電力(とうきょうでんりょく)は これから 避難所(ひなんじょ)などで 詳(くわ)しい ことを 話(はな)します。申(もう)し込(こ)む ための 紙(かみ)も 配(くば)ります。
この お金(かね)などについて 相談(そうだん)できる ところも つくります。4月(がつ)28日(にち)から 相談(そうだん)できます。

もっと 詳(くわ)しい ことが わかったら また この サイト(さいと)で お知(し)らせします。


【上(うえ)の 情報(じょうほう)についての 質問(しつもん)は】
東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)
多言語支援センター(たげんごしえんせんたー)
tabumane110311@yahoo.co.jp へ

Back to Home | Back to 「やさしい日本語」.