福島第一原子力発電所 事故収束に向けた工程表発表 – 119

2011年4月18日17:00
東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳119報

福島第一原子力発電所 事故収束に向けた工程表発表

東京電力は4月17日、福島第一原発事故の収束に向けた作業の工程表を発表しました。東京電力は、避難している人の帰宅の実現に向けて、以下の二つの目標を設定しました。
基本的には、原子炉および使用済燃料プールの安定的冷却状態の確立と放射性物質の放出量減少に取り組みます。

○ステップ1
目標:放射線量が着実に減少傾向になっている。
目標達成時期:3ヶ月程度(2011年7月中旬)

○ステップ2
目標:放射性物質の放出が管理され、放射線量が大幅に抑えられている
目標達成時期:ステップ1終了後の3~6ヶ月程度(2011年10月中旬~2012年1月中旬)

順調に工程が進んだとしても、政府が周辺住民の避難解除を検討できるようになるには、少なくとも計6~9ヶ月程度かかることが予想されます。

福島第一原子力発電所 事故収束に向けた工程表発表_PDF(日本語、ポルトガル語、タイ語、中国語、英語、スペイン語、タガログ語、インドネシア語、ベトナム語、韓国・朝鮮語、やさしい日本語)

【問い合わせ先】
東北地方太平洋沖地震多言語支援センター
メール:tabumane110311@yahoo.co.jp

Back to Home | Back to 日本語.