住宅の応急修理制度について – 122

2011年4月18日16:00
東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳 122報

住宅の応急修理制度について

東北地方太平洋沖地震で被害を受けた住宅を応急修理する場合、その費用の一部の支援が受けられます。自分で修理するお金がない世帯が対象です。1世帯あたり52万円が上限です。応急修理ができるのは、居室、台所、トイレなど日常生活に必要不可欠な部分のみです。
支援を受けるには、住居の被害の程度、所得など、いくつかの条件を満たす必要があります。
また、この支援を受ける場合は、原則として仮設住宅の利用はできません。

対象となる条件、必要書類、申請方法などの具体的な内容については、住宅所在地の各市町村役場にお問い合わせください。

住宅の応急修理制度について_PDF(日本語、ポルトガル語、タイ語、中国語、英語、スペイン語、タガログ語、インドネシア語、ベトナム語、韓国・朝鮮語、やさしい日本語)

【問い合わせ先】
東北地方太平洋沖地震多言語支援センター
メール:tabumane110311@yahoo.co.jp

Back to Home | Back to 日本語.