被災地域の学生受け入れについて – 133

2011年4月25日  11:00
東北地方太平洋沖地震多言語支援センター災害情報 翻訳 133 報

被災地域の学生受け入れについて

兵庫県内の22大学・2短期大学は、今回の震災において被災された学生の方で、被災地域の大学・短期大学で就学できない学生を受け入れます。学費は無償となります。

○対象:今回の震災により通学が不可能で、短期間では授業の再開目途がたたない被災地域の大学院、大学、短期大学の学生。(留学生を含む)
※ただし、研究生は対象外です。

○期間:2011年9月末までとするが、必要があれば半年単位で、最長1年まで延長可能。

○単位認定:受け入れ校の規定に沿い、元の大学に復学した際に、単位認定が行えるようにします。また、現在通っている大学・短期大学での学部や学科を考慮し、大学コンソーシアムひょうご神戸事務局が受け入れ大学・短期大学を決定します。

○滞在先:受け入れ大学の寮・寄宿舎、県・市などの自治体、公営住宅などの住居を確保し、宿舎費は無償又は、軽減する措置をとる予定です。

○申込期限:4月30日まで。(すでに大学の授業が始まっている為、なるべく早くお申込みください。)
※再入国許可を取得せずに出国した方は、在留資格が「留学」で滞在している場合、留学していた大学など教育機関において、引き続き教育を受けることが確認できる書類が必要となります。申し込みの際に、その旨を伝えてください。また、再入国に関する詳しい情報は、当ホームページの第106報又は、大使館のホームページを確認してください。

○申し込み方法:電話又はメールにて以下へお問い合わせください。
 大学コンソーシアムひょうご神戸事務局(Hyogo-Kobe University Consortium)
 電話:078-381-6187 E-mail:t.fujikawa@consortium-hyogo.jp
※問い合わせは日本語のみの対応となります。

被災地域の学生受け入れについて_PDF(日本語、ポルトガル語、タイ語、中国語、英語、スペイン語、タガログ語、インドネシア語、ベトナム語、韓国・朝鮮語、やさしい日本語)

【問い合わせ先】
 東北地方太平洋沖地震多言語支援センター
 メール:tabumane110311@yahoo.co.jp

Back to Home | Back to 日本語.