被災地(ひさいち)で ボランティア<手伝(てつだ)い>を したい 人(ひと)と 被災地(ひさいち)に 物(もの)を 送(おく)りたい 人(ひと)へ – 132

2011年(ねん)4月(しがつ)25日(にち)11:00
東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)多言語支援センター(たげんごしえんせんたー)
災害情報(さいがいじょうほう) 翻訳(ほんやく)132報(ほう)

被災地(ひさいち)で ボランティア<手伝(てつだ)い>を したい 人(ひと)と 被災地(ひさいち)に 物(もの)を 送(おく)りたい 人(ひと)へ

●被災地(ひさいち)で ボランティア<手伝(てつだ)い>を したい 人(ひと)に お願(ねが)いします。

4月(しがつ)20日(はつか)に 宮城県災害ボランティアセンター(みやぎけん さいがい ぼらんてぃあ せんたー)から お知(し)らせが ありました。

○ 朝(あさ)と 夕方(ゆうがた)の 車(くるま)を 少(すく)なくしてください。
ボランティア(ぼらんてぃあ)の 車(くるま)が とても 多(おお)いから、朝(あさ)と 夕方(ゆうがた)に 道(みち)が とても 混(こ)んでいます。
朝(あさ)と 夕方(ゆうがた)の 車(くるま)を 少(すく)なくしてください。
できるだけ バス(ばす)などで 行(い)ってください。みんなで 一(ひと)つの 車(くるま)に 乗(の)って、車(くるま)を 少(すく)なくしてください。

○ ボランティア保険(ぼらんてぃあ ほけん)に 入(はい)ってください。
ボランティア(ぼらんてぃあ)を している ときに けがを したり 病気(びょうき)になったりするかもしれません。
必(かなら)ず ボランティア保険(ぼらんてぃあ ほけん)に 入(はい)ってください。
近(ちか)くの 社会福祉協議会(しゃかい ふくし きょうぎかい)で ボランティア保険(ぼらんてぃあ ほけん)に 入(はい)ってから 被災地(ひさいち)に 行(い)ってください。

第(だい)103報(ほう)「災害ボランティア(さいがいぼらんてぃあ)が 気(き)をつける こと」も 読(よ)んでください。

● 被災地(ひさいち)に 物(もの)を 送(おく)る 人(ひと)に お願(ねが)いします。
被災地(ひさいち)は いろいろな ことで みんなが 忙(いそが)しいです。
送(おく)ってもらった 物(もの)を 分(わ)けて、 使(つか)うことができるようにするまで たいへんです。
近(ちか)くの 市役所(しやくしょ)や 町役場(まちやくば)などから 送(おく)ったら、 早(はや)く 使(つか)うことができるようになります。
自分(じぶん)で 送(おく)らないで、市役所(しやくしょ)や 町役場(まちやくば)などに 送(おく)りたい 物(もの)を 渡(わた)してください。

物(もの)ではなくて お金(かね)を 送(おく)ることもできます。
※第(だい)100報(ほう)「被災(ひさい)した 人(ひと)の ために お金(かね)を 出(だ)したい 人(ひと)へ」を 読(よ)んでください。

【上(うえ)の 情報(じょうほう)についての 質問(しつもん)は】
東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)
多言語支援センター(たげんごしえんせんたー)
tabumane110311@yahoo.co.jp へ

Back to Home | Back to 「やさしい日本語」.